日々の日記、転職日記、読んだ本について。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
治験ボランティアについて
2009-06-29 Mon 22:18
治験ボランティアについて

新しい薬の効き目や安全性を確かめるため、健康な人やその病気の症状を持つ人たちに、協力してもらう試験を「治験」といいます。
インクロムは1975年に設立された、治験の実績において日本を代表する企業です。
治験と聞くと、「怖い」とか「大丈夫?」とか思われる方が多いと思いますが、そんなことはありません大丈夫です。参加するのは自由意志ですし、途中で中断する事もできます。
実は私も以前の職場で、治験ボランティアに関わる仕事をしていたので、ある程度知っているのですが、医薬品の臨床試験の実施基準「GCP」という厚生労働省の省令があり、治験はこれを遵守しなくてはなりません。
また•治験を実施する病院には治験診査委員会が設けられ、治験の計画、説明文書について事前に診査され、安全性、倫理性などに少しでも疑問があればその治験は行われません(私の知っているところでは、一般の方も委員会に参加され、専門家でない一般の方の視点というのも取り入れられていました)
糖尿病の治験には、残念ながら直接関わった事は無いのですが、他の治験の方の話では、参加する事で定期的に健康診断を受けたり、医師や薬剤師と健康相談が出来たり、生活習慣が改善できて、良かったという、何より人の役に立つ事が出来たと言う話を聞いています。
これはボランティアなので「自由意志」なのですが、興味を持たれた方は、治験ボランティアのサイトをご覧になって下さい。


スポンサーサイト
別窓 | 日々の徒然 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<とってもお利口さんだと・・・ | 星の呟き | 眠れません>>
コメント
治験の結果が早く進めば良いと思います

日本は厚生省の認可が遅く
海外で認可が下りても
3年以上もかかります

私の親友は難病で
治験を10年以上行っていますが
いまだ彼女に合う薬がありません

治験の発展を願うばかりです

2009-06-30 Tue 20:41 URL | * melissa * #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 星の呟き |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。