日々の日記、転職日記、読んだ本について。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
彩雲国物語、オペラ・ラビリント・・・他色々
2007-04-01 Sun 22:02
ここ暫くで購入した本です。
他に何か買ってた気もしますが・・・・・不明・・・・
特に気に入った物以外は適当に読み散らかして、そのまま放置・・・・と言うのが少なくないもので。
一番上の竹内久美子さんの本は文庫になる度、結構買っているのですが、面白いですよ。遺伝子の事が気軽に楽しく、下世話に読む事が出来ます。「利己的な遺伝子」リチャード・ドーキンス/紀伊國屋書店 に挫折してるので、いつか再チャレンジしようと思っていますが、私の頭では、この辺りが限界でしょうか・・・・・

「クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン1」はジャスミンのゴジラ具合が好きなのですが、お陰で久々に爽快な気分となりました。

「彩雲国物語―青嵐にゆれる月草」は昨日、近所の書店に朝一速攻で買いに行き(開店直後で、店頭に出ていなかったので、箱を開けてもらいました)、「オペラ・ラビリント―光と滅びの迷宮」は彩雲国の中のチラシを見て、先刻の書店はもう無いだろうと、慌てて別の書店に走りました。
楽しいですねぇ・・・・・これで「タムール記」の4巻が出るまで保ちそうです。


遺伝子が解く!愛と性の「なぜ」 遺伝子が解く!愛と性の「なぜ」
竹内 久美子 (2007/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン
茅田 砂胡 / 中央公論新社 (2007/03)
¥ 945
淡月の夢
九条 菜月 / 中央公論新社 (2007/03)
¥ 945
恋のドレスと硝子のドールハウス
青木 祐子 / 集英社 (2007/03)
¥ 500
ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る
門倉 貴史 / 宝島社 (2006/11/09)
¥ 756

彩雲国物語―青嵐にゆれる月草 彩雲国物語―青嵐にゆれる月草
雪乃 紗衣 (2007/03)
角川書店
この商品の詳細を見る


オペラ・ラビリント―光と滅びの迷宮 オペラ・ラビリント―光と滅びの迷宮
栗原 ちひろ (2007/03)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 本の虫 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<雀がね・・・・・ | 星の呟き | 鶯、メジロ、燕・・・春だ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
彩雲について
彩雲彩雲(さいうん)は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象である。この現象は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために生ずるもので、大気光学現象|大気光象の1つである。巻積雲や高積雲、風で千切られた積雲などに見 …
| 星の呟き |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。