日々の日記、転職日記、読んだ本について。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
主題歌を紹介したので・・・・
2007-09-18 Tue 22:56
主題歌を紹介したので、やっぱり原作を紹介しないのは片手落ち、という事で、

恐怖の宇宙帝王/暗黒星大接近! <キャプテン・フューチャー全集1> (創元SF文庫) 恐怖の宇宙帝王/暗黒星大接近! <キャプテン・フューチャー全集1> (創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン、鶴田 謙二 他 (2004/08/24)
東京創元社
この商品の詳細を見る


上記の創元SF文庫の本も買いましたが、私が読んだのはハヤカワ文庫版。大半は従兄弟から貰ったものです。(NHK放映後なので当時お金なんて持ってないですよ・・・・)
スペースオペラに嵌った切っ掛けは、クラッシャージョウですが、のめらせたのは、この辺りです。
当時は宇宙を舞台にしたSFといえば、ハヤカワ、創元、朝日ソノラマくらいだったので、よく出版社目録を眺めては、次お金が貯まったら何を読もうか考えていたものです。
ところで、アニメが切っ掛けで読み始めた原作ですが、決定的に違う事があります。アニメでは銀河が舞台でしたが、原作では太陽系が舞台。で、火星人や金星人が出て来ます。
何故かというと、実は第1作はかなり前、人類が宇宙に出る以前に書かれたものなんですね。(なので、後に書かれた別のシリーズでは銀河が舞台になっています)で、アニメではそのままの設定を使えず、太陽系を銀河系に置き換え、また涙滴型のコメット号(宇宙船)が「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号タイプの宇宙船に変えられたそうです。
スペースオペラの原点ですので、是非読んでもらいたいな、と思います。
スポンサーサイト
別窓 | 本の虫 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<久々の更新 | 星の呟き | 彩雲国とキャプテン・フューチャーの主題歌>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
宇宙船宇宙船(うちゅうせん、スペースクラフト)とは、科学的探査・軍事的調査などの目的で人間を一定期間宇宙空間に滞在させるために作られた人工構造物のことである。この中には、人間の長期宇宙滞在を目的に作られた宇宙ステーションなども含まれるが、一般に宇宙船とは …
2007-10-09 Tue 09:58 SFフリーク集合!
| 星の呟き |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。